記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

G級ラヴィエンテのススメ その① G級大討伐で手に入る装備

※この記事は2016年10月MHFG10.1向けの内容になっております

MHFZにて「絶対防御態勢」のスキル内容に修正が入り攻撃力が低下することになるとのことです
よって相対的に不退が強化されることになりました。
 
【追記】攻撃力0.8倍の補正がかかるとのことで絶対防御態勢が大幅な下方修正が入りました

 
不退は欲しいけどラヴィだけはやりたくない 
ラヴィ廃が怖いからラヴィだけはやりたくない
長時間の壁殴りとかつまんないでしょ



という方が多いように感じましたので
ラヴィエンテの解説記事でもかければと思い今回の記事を作成しました。
「ラヴィや不退に興味はあるけどラヴィ廃が怖い」
「やることがないけどラヴィは面白そうじゃない」
という方に向けての内容になると思います。
記事を通してラヴィエンテの魅力やよくわかりにくい点について説明できればと思います。

もちろんG級ラヴィエンテはG10.1の現在でもエンドコンテンツになっていますので
珠秘伝やMM、狩人珠や改G武器などのコンテンツを消化しきった人向けなのでそれがまだの人は先にそちらの方が優先だと思います。

 
主にQ&A形式で進めていこうかと思います。 



Q:ラヴィってラヴィ廃から晒されたり個チャが飛んできて怖いんじゃないの? 
A:必要最低限レベルことができていれば晒されたり個チャが飛んでくることはまずないです 


この記事ではその必要最低限レベルをお伝えしたいと思っています 
(ちなみに私は知らないこと多かったので結構個チャ飛んできました)


Q:そもそもG級ラヴィエンテをやる目的ってなに? 
A:スキル不退を発動させるためのG級装飾品とG級進化武器の作成 
 
【不退】
ラヴィGX珠→不退2P、豪放3P+その他2スキル 
不退は10Pで発動するのでラヴィGX珠5個で発動 

 「不退の効果」 
①武器倍率+100(剛撃4は+80 武器倍率UPスキル系統とは重複しない) 
②会心率+100%(見切り+5の2倍 達人スキル系統とは重複しない) 
③会心ダメージ補正値が1.5倍に(一閃スキル系統とは重複しない) 
④物理肉質+5、属性軟化(条件が撤廃された痛撃、属撃スキルの効果) 
⑤「扇射」スキルと同等の効果 
⑥スキル「斬れ味レベル+1」と同等の効果 
⑦スキル「火事場力+2」と同等の効果(体力を減らさないと発動状態にはならない) 

要するに不退一つで 
「剛撃4↑、見切り+5、一閃3、弱点特攻、属性特攻、扇射3、切れ味+1、火事場+2」

スキル7つ分の効果があり 
現状G級防具装備の12スキルでもスキル枠が足りない状況で 
スキル枠の圧縮ができる点は大きなメリットです

【追記】辿異スキルのスキル枠拡張で13スキル以上つけることが可能になりました。ただしスキルポイントなどの兼ね合いで真秘伝珠を要求されることが多くなるので不退のメリットは健在ではあります。


 しかし、大きなデメリットがあり
スキル「根性、ド根性、真根性」
アイテム「根性札、根性札グレート」 
秘伝書特殊効果「魂の再燃」 
スキル「絶対防御態勢」が無効になります。 





Q:不退なんて使いこなせるのはプロハンだけじゃない? 
A:モンスにもよるけど体力飯でも代償構成などの火事場に匹敵する火力が出る 


ブチギレがないと即死ゲーと言われがちですが絶対防御態勢は防御力低下のデメリットがあり
絶対防御態勢がなければ耐えられる攻撃は多いです(至天などを除く
【追記】絶対防御態勢による防御力低下のデメリットはMHFZではなくなりました

遷悠種などは痛撃を意識した肉質となっており
弱点部位以外は発動しないようなのっぺり肉質になっていますので 
その点無条件で痛撃と属撃が乗る不退では代償構成の火事場以上の火力が出る場合も多いです。



Q:不退珠の必要素材数は?
A: ラヴィGX珠一つ分で
大巌竜の深黒皮x550
大巌竜の深黒鱗x500
大巌竜の深黒血x255
大巌竜の輝結晶x255
大巌竜の深黒角x50
大巌竜の深黒翼x135
大巌竜の深黒尾x185
大巌竜の深黒牙x46
大巌竜の秘髄x73
大巌竜の深黒棘x200

ぱっとみると膨大な量の素材を要求されるように見えますが実際にはストッパーとなる素材があり
それが集まっているころにはほかの素材は集まっています。

よって、実際のところは

大巌竜の輝結晶x255
大巌竜の深黒翼x135
大巌竜の深黒尾x185
大巌竜の深黒牙x46

こう見ると逆に要求素材が少ないように感じはしますが
翼と尾は基本報酬では手に入らず、部位破壊報酬か剥ぎ取りでしか手に入らないので
かなりの人が翼と尾不足になることが多いと思います。
(基本報酬の修正により結晶の入手量が増えましたので結晶不足は解消された人は多いかと思います)

剥ぎ取りの運や討伐での部位破壊の有無などで変わってきますが大体50体ほど倒せば珠1つ分くらいは集まるかと思います。
プレミアムコースを入れたり、狩人珠の剥ぎ取り達人のスキルなどを利用すれば地味ですが翼や尾の集めやすくなります。



Q:不退作るまでに数百体ラヴィ倒すとかマゾ過ぎない?
A:そんなあなたにお試し不退というものがあります

ラヴィ珠を5つ作るのは大変な労力がかかりますが比較的簡単に不退を発動させる方法があります。
一般的にはお試し不退と言われており、ラヴィGシリーズを使用して不退を発動させる方法です。
ラヴィGシリーズから不退のスキルポイントが2あり、5部位装備すればラヴィ珠なしでも不退を発動させることが出来ます。
そして、ラヴィGシリーズ、ラヴィ狂シリーズはHR帯から強化することによって必要な素材を大幅に減らすことが出来ます

1部位で使うG級ラヴィエンテの素材は
大巌竜の深黒鱗x5大巌竜の輝結晶x2大巌竜の深黒翼x1大巌竜の深黒牙x1
だけです

ちなみに直接ラヴィGシリーズを生産できますが素材は以下の通り
大巌竜の紅玉x10,大巌竜の深黒皮x50,大巌竜の深黒角x10,大巌竜の秘髄x15
(角や髄はラヴィをやっていくと嫌でも余ってくるので翼や牙1つの方が大事という場合もありますが…)

欠点としては

防御力がお話にならないレベルで低い

のと

ラヴィG防具のスキルポイントが少ないので発動できるスキルが少ない
点です。

普通にクエストで使用するなら体力飯であっても一撃死したりするのであくまでお試しというわけです。火事場で戦えるPSがあるならともかくラヴィ珠1,2つでは実戦で使用するのはちょっと難しいと思います。

しかしG級大討伐で使用する場合には基本的に火事場&攻撃を受けると死亡なので比較的早い段階から代償構成などよりも火力が高くなるので

【追記】辿異防具の防御力アップによって一部攻撃では火事場で耐えれるようにはなりました。

ラヴィ珠1つ作れば代償構成を上回る火力が出せますし
ラヴィ珠が4つできる頃には剛5不退も組めるようになります
(防御低すぎて蛇行時の削りで死ぬのはつらいですが…)

ラヴィ珠を作るたびに徐々にラヴィGシリーズの部位数を減らしていって防御力を上げたり、スキルを増やしていって防具を強くしていくというのもラヴィエンテの楽しみ方だと思います。



【G級進化武器】
Q:進化武器できるまでどれくらいラヴィやればいいの?
AG級LV100まで279万5000Gg
(1ラヴィ最大の9000Ggで計算してもラヴィ310回、プレミアコース天撃2倍でラヴィ155回くらい)


G級進化武器の強化には主に大討伐の褒賞の天撃玉を抽出して入手するGgを使用します
天撃玉は大討伐貢献ポイントによって一回の大討伐で入手できる量が変わります

詳しくは後述しますが、大討伐貢献ポイント100万pで最大の9000Ggもらえます
しかし、毎回100万p取れるわけがないので基本的にはもっと必要回数は増えます。
放置枠でも大体5000Ggはもらえるので559回ラヴィをやればG進化100までのGgがたまることになります





下の撃?…狂ラヴィ…うっ頭が…



Q:Gラヴィ300回以上やらないといけないなんて進化武器マゾ過ぎない?
A:LV100はマゾいですが今の改武器や遷悠武器を超えるレベルならば比較的早く作れます

例)真大蛇ノ笛【煌然】
LV80 1035000(115ラヴィ)     攻撃力2464 龍 990
LV85 1285000(142ラヴィ)  攻撃力2568 龍 1040
LV90 1535000(170ラヴィ)   攻撃力2672 龍 1090
LV95 2055000 (228ラヴィ)    攻撃力2891 龍 1140
LV100 2795000 (310ラヴィ)  攻撃力3224 龍 1200

比較)改セスリィ・コーダ 攻撃力2548 5% 響 970

折り返しのLV90付近で改武器を超える性能になり
強撃剣晶の効果もあり、実際にラヴィで担ぎながら
撃を集めて強化を行うことが出来るのでモチベーションも確保しやすいと思います
不退珠が5つできる頃には十二分に使用できるレベルまで強化が進んでいるはずです

【追記】辿異武器の性能がかなり高く、辿異武器を超えるレベルまで強化するのは大分骨が折れるかと思います

ラヴィで手に入れられるもののまとめとしては

剥ぎ取りフェイズ&各フェイズの基本報酬:ラヴィエンテの素材で不退珠が作れる
大討伐ポイントの褒賞:Ggが入手でき進化武器を強化できる

ここで重要なことは

※放置でも不退と進化武器は作成できます
※放置でも不退と進化武器は作成できます

大事なので2回言いましたが放置しているだけでも不退珠作ることはできるので
ぶっちゃけ現環境では放置枠に参加して、あとは漫画読んだりアニメ見たり別のゲームやってる方が楽だと思います。

逆に作成までは膨大な労力がかかるのであくまでエンドコンテンツです。
繰り返しますが他に作る装備があったり、消化が必要なコンテンツがあるならまず先にそっちをやるのをお勧めします。

個人的には不退にしろ進化武器にしろラヴィエンテを回数こなしていきながら徐々に装備を強化していけるというのがモチベーションを維持しやすい点かと思います。
珠秘伝のように5つ作るまでは全く恩恵を受けることがないコンテンツだと途中で心が折れてしまう気持ちはわかりますが、ラヴィに関しては段階式に装備が出来ていくので作成期間は長くともモチベーションは維持しやすいと思います



Q:ラヴィって時間かかるじゃん、トイレにもいけないんじゃない? 
A:募集の時間を除けば、出発まで10分ちょい、討伐20分弱です

よく勘違いされがちですがラヴィ=長時間というのは実装初期の話です、実際には1ラヴィ1時間もかからないです。
拘束時間としてはシクレとかの方がよっぽど長いかと思います。
自分が参加するPT編成が早く終了すればしばらく時間がありますので連戦中でもトイレくらいは十分にいけます。
討伐時間はPT数によって変化しますが5PTなら20分弱、4PTなら30分弱といったところだと思います。



Q:ラヴィってなんであんなにギスギスしてるの?
A最低24人いないと始まらないのと大討伐貢献ポイントによって報酬の量が変わるため

ラヴィ=晒しとかそういうイメージがついている人も少なくないと思います。
一般的にラヴィ廃と言われる人たちが理不尽にキレているように思えますが
ラヴィの基本的なことを理解すればすぐにイライラする方に回るかと思います。

大討伐は24人から最大32人で行うコンテンツになります。
残念ながら公式的なルールやシステムが存在していない以上、ユーザー間で大討伐の様々な取り決めを行っているのが現状です。
(しかし、一部指定についてなどの規約は存在しますのでそちらもあらかじめ参照を)
よって基本的な注意事項を知らずにラヴィエンテに参加することで他のプレイヤーから批判されることも少なくないかと思います。

これについては大討伐に限らず、通常クエにおいて募集の指定を満たしていなかったり、特定の手順を踏むことを知らないプレイヤーが参加したりした際に揉めることと同じことだと思います。
必要な人数が多い分そういうプレイヤーが入る可能性も高くなり必然的に揉めやすい状況になっているのだと思います。



【大討伐貢献ポイント】
話の順番が逆になってしまいましたが
G級進化武器の強化に必要な撃は大討伐貢献ポイントによってもらえる量が変わってきます。
ポイント数ともらえる天撃玉の数は以下の通り


60万 50天撃←放置はココ
80万 60天撃←90万との差は20個と大きい
90万 80天撃←ココのラインを目指したい
100万 90天撃←これ以上とっても変わらない


(1天撃が100Ggです

特に80万と90万で20天撃違ってくるのと
80万行かないと放置と同じポイントになる
というのが注目すべきところだと思います。

ラヴィエンテがギスギスだというところの最大の原因がこの大討伐貢献ポイントです。
PTの動き方や火力によって報酬の量が変わってくるのでトラブルのもとになるわけですね。

通常クエで例えるなら時間がかかると剥ぎ取り回数や基本報酬の枠が減るとかそういう感じですかね…
(至天クエストの報酬とかそれに近いかと思われます)

大討伐貢献ポイントの入手方法については詳しくは後述しますが

基本的には他PTとのラヴィエンテの体力を削る競争になります。

よってスキルが欠けていたり、武器が不十分だとすでに他のPTに後れを取っていることになります。
特に今では討伐枠は不退進化LV100所持者が珍しくない状態です。

もちろんラヴィ初心者には不退進化100が目標なわけでそれを持っていないとラヴィに参加できないというのではいつまで経っても参加できないわけですが、流石に私のフレでも不退進化以外は討伐行くなという人は少ないです。

よって、討伐に参加する際には

ラヴィ以外のコンテンツで組める最大の装備で参加する

というのが大前提だと思います。
残念ですが「珠秘伝作るのが面倒…」とか「改G級武器作るのが面倒…」という人は正直に言うと他のプレイヤーに迷惑が掛かるのでラヴィエンテの討伐には参加しないほうがいいと思います。

他のプレイヤーは少しでもポイントが稼げるように火力を少しでもあげられるようにと装備を組んだり、立ち回りを詰めている人たちがほとんどのコンテンツで「これでも勝てますよ」的な考えで参加すればそりゃ晒されてもおかしくはないと思います。

何度も言っていますが現状の作成難易度的にもエンドコンテンツであり
なおかつ競争要素があるコンテンツです。

不退を作るだけなら放置枠でもできるので珠秘伝とかMMなどをやる気がない人は無理に討伐に参加するよりは放置で作った方が楽だと思います。
(正直珠秘伝作らずに不退を作る意味はないと思いますが…)












今回はとりあえずここまでになります。
G級ラヴィエンテは武器防具ともに作成まで膨大な時間がかかる点はいうまでもないですが
その分性能も破格なものです。
個人的にはゆっくりと段階的に装備を作っていく楽しみが醍醐味だと思います。

また報酬の量が大討伐貢献ポイントによって増えるという仕様上
他プレイヤーとのポイントの取り合いになるのは必然です。
よって討伐に参加するプレイヤーに要求される装備のレベルは妥協を許されないという点も理解していただきたい点だと思います。


現状の仕様上放置枠が多く、装備を整えることが出来ない方や他のプレイヤーとの競争というコンテンツを嫌う人でも時間をかければ不退珠を作成することはできるということは知っていただきたいです。

次の記事は大討伐の流れと現在の主流の構成についての記事になります
実際にラヴィエンテに参加したことない方でも注意点がわかるように説明するつもりです。

スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アサウス

Author:アサウス
MHF1鯖にてまったり活動中のASOUTHです
Twitter https://twitter.com/HTUOSA

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
オンラインゲーム
357位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
モンスターハンター
37位
アクセスランキングを見る>>

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。